上野クリニックの評判を調査!


上野クリニックの口コミ・評判

子宮がんになりやすい?

包茎は自分だけではなくパートナー危険にさらす可能性があるといわれています。その一つが子宮がんの発症です。包茎の人は病気を引き起こす細菌を繁殖しやすいといわれています。

 

 

知識が薄い中で包茎を放置しているとしたら、自分だけでなくパートナーを傷つけることになるのです。

 

 

子宮がんを引き起こすといわれている原因がヒトパピローマウイルス。このウイルスは包茎の男性器に多いといわれています。若い女性が子宮がんになる原因の一つがこのウイルスです。

 

 

このウイルスは男性気の病気の一つである陰茎癌を引き起こす確率は低いのですが、女性の子宮がんを引き起こす原因として注目されています。

 

 

だからと言ってすべての包茎の人が子宮がんを引き起こすといわれているわけではありませんが、専門家の研究結果によると約20%の包茎の男性にヒトパピローマウイルスが確認されているといわれており、包茎を放置することで、より子宮がんの確率が上がるといわれているのです。

 

 

包茎の抜本的な治療は包茎手術といわれています。包茎手術を受けた男性がヒトパピローマウイルスを保菌している割合は5%程度といわれており、子宮がんを引き起こす確率を減らすといわれています。

 

 

つまり、包茎手術を行った男性は、ヒトパピローマウイルスの減少が認められ、結果的に子宮がんの軽減リスクに関連しているのです。包茎でセックスすることは梅毒などの性病を引き起こすだけでなく、子宮がんのも引き起こす原因であるといわれています。

 

上野クリニック
上野クリニックの口コミ



上野クリニックの評価


関連記事